足首を細くする方法を解説!短期間で効果を出すなら自宅で筋トレ・マッサージ!

足首を細くする方法を解説!短期間で効果を出すなら自宅で筋トレ・マッサージ!

皆さんは、体についた余分な脂肪をどうやって解消していますか?

中には、全身痩せだけでなく特定の部位の脂肪だけを集中的にダイエットする部分痩せを実践しているという方も多いようですが、部位によっては部分痩せがとてもし辛いパーツもありますよね。

案内人 Misako

中でも、特に部分痩せしづらい部位の1つといえるのが、足首。

実は、カラダの中でも、いわゆるクビレと呼ばれる部位に当たるパーツほど部分痩せはしづらく、これらの部位の余計な脂肪を落とすためには、他の部位を動かしながら解消する全体痩せが基本的なスタイルに。

けれど、それでも足首についた脂肪だけをしっかり落としたい!と思うのは、美を追求するすべての方にとっての至上命題。

では、足首の部分痩せを実践し成功させるためには、どういった点に気をつけながらどのような方法で実践すべきなのでしょうか。

今回は、足首の部分痩せという手法に特化した形でこれらの方法や注意点についてご紹介します。

足首が細くならないのはなぜ?原因について

カラダの様々な部位の中でも、特に脂肪が落としづらく部分痩せが実践しづらいパーツの1つといえる足首。

案内人 Misako

では、なぜ足首というパーツは、これほどまでに細くすることが難しいのでしょうか?

その原因をしっかりと理解しておくことで、足首の部分痩せを簡単に実践できる成功へとつなげることができるんです。

筋肉の衰えが太くなる原因

足首だけにとどまらず、カラダのすべてのパーツに対して脂肪が付きすぎてしまう大きな要因となるのが、そこに存在する筋肉の量が著しく低下しているからなんです。

ご存知のように、カラダに備わる筋肉は、本来持つ働きを実践する上でエネルギーを必要とし、本来、そのエネルギーとして使われるのが、カラダに無数に存在する脂肪なのです。

一方、カラダに存在する筋肉量が絶対的に減少すればするほど、筋肉よって消化されるはずであった脂肪が消化されなくなり、結果、脂肪がどんどん積み重なってしまいます。

これが、カラダに余分な脂肪が増えてしまう主原因に。

特に、足首のような関節に位置する部位はもともとの筋肉量自体が他の部位と比べて少ないので、様々な要因によってこれが減ってしまうことにより、足首は脂肪が原因でどんどん太くなってしまうわけです。

足首の筋肉の減少は現代社会ならではの現象

普段どおりにカラダを動かしながら生活しているはずなのに、足首の筋肉が衰えどんどん脂肪が増えていってしまう。

そんな悩みは、なぜ起こるのでしょうか?

その理由に密接につながっているのが、便利さや快適さを追求した現代社会といわれています。

たとえば、電車や自動車など交通網が発達したことにより、それまで徒歩で移動していたはずであった場所までも歩いて行く必要がなくなった結果、運動量が減少し筋肉が鍛えられずどんどん衰えてしまいます。

また、食生活の変化も原因の1つと言われており、筋肉を作る上で欠かせない良質なタンパク質の摂取が減る一方で、パンや麺類などを主食とする傾向が高まり、脂肪の原因となる炭水化物の摂取が増えたことで、筋肉よりも脂肪が付きやすいという公式へと導かれること。

このように、現代社会ならではの基本的な生活が、足首を必要以上に太くしてしまう大きな要因となっているのです。

足首を細くする効果的なトレーニング

足首が太くなってしまう原因についてご紹介しました。

案内人 Misako

これらの原因をしっかりと理解した上で、それに対応した対策を実践する事ができれば、自ずと余計な脂肪を減少させ細く美しい足首を作り出すことだって十分に可能となります。

では、足首だけを集中的に痩せさせるのに効果的なトレーニングについて、いくつかご紹介しましょう。

場所を問わず簡単に実践できる足首筋トレ

筋トレというと、大量に汗を流しながらカラダを酷使して鍛えるという、なんとも辛いイメージを持つ方が多いと思いますが、きついトレーニングは継続することで効果が得られる一方、継続しなければその辛さも意味を為しません。

どなたでも簡単に、場所を問わず実践できるおすすめの筋トレ法として実践してほしいのが、カーフレイズという方法。


カーフレイズとは、足首からふくらはぎにかけて存在する筋肉を集中的に鍛える方法のことで、スラッとした美しいフォルムを作る上で欠かせません。

やり方はとても簡単。まず、立った状態で足を意識してまっすぐ伸ばします。

その状態で、今度はかかとの部分だけを背伸びをするようなスタイルで伸ばします。

しっかりと限界まで伸ばしたら、今度はかかとをゆっくりと地面に着地させます。

この動作を1セットとし、10セットから20セットほど繰り返すだけでOK。

このトレーニングを通じて、ふくらはぎから足首にある下随三頭筋(ヒラメ筋)を鍛え足首の部分痩せを実現できます。

タオルだけを使って行う脚裏エクササイズ

もう1つの効果的なトレーニング法としておすすめなのが、タオルを使って行う脚裏エクササイズです。


フェイスタオル程度の大きさのタオルを1枚用意し、それを地面に広げて敷きます。その端部分に両足を揃えた状態で乗ります。

このとき、足先やかかとをぴったりとくっつけるよう意識して乗るのがポイント。

足を揃えてタオルの上に乗ったら、両足の指をすべて使ってタオルをグッと握り持ち上げます。

そして、握ったタオルを今度はすべての足指を開いて離します。

この動作を繰り返し行うことで、主に足の裏部分にある筋肉を全体的に鍛えられる上、外反母趾や足のむくみでお悩みの方にはこれらの症状を解消する嬉しい付加価値も。

1回当たり20回から30回程度を基準に実践することをおすすめします。

足首を細くするおすすめのマッサージやストレッチ

足首を部分痩せさせるトレーニングを実践するとともに、次にご紹介するマッサージとストレッチを並行して実践する事で、鍛え始めたばかりの方に稀に起こりやすい怪我などの辛い症状を予防することもできます。

案内人 Misako

トレーニングを実践するのであれば、ぜひこちらのストレッチやマッサージも合わせて実践してみてください。

トレーニング前に実践しておきたい足首ストレッチ

特にトレーニングを継続手して実践するつもりの方ほど、ぜひこちらの足首ストレッチも合わせて実践してください。


このストレッチを事前に行っておくことで、トレーニングによってもたらされる効果を高めるだけでなく、トレーニングの開始した直後に起きやすい足のつっぱりや筋肉痛の辛さを減らすことができます。

しゃがんだ状態から片膝をつくような体勢になります。

このとき、膝をついた側の足は地面に対してベタッとくっつけるのがポイント。

次に、その体制のまま上半身を覆いかぶせるように折り曲げます。

体重を足に少しかけるように意識して折り曲げる動作を行い、その後、10秒ほどその体勢を維持します。

この動作を繰り返し行うことで、膝をついた側のスネ部分の筋肉を伸ばし、膝をついていない側の脚裏と足首の筋肉を伸ばすストレッチ効果が得られます。

これを片足ずつ行うことで、トレーニングの負荷に十分に耐えられる柔らかくほぐれた筋肉が準備できます。

リンパに溜まった老廃物を効果的に排出できるリンパマッサージ

リンパという名前をご存知の方は既に多いと思いますが、この部位に対して効果的なマッサージを施す事で、様々な良い効果が得られることをご存知でしょうか?


実は、足首の部分痩せを実践する上で、足首部分に位置するリンパ節を意識的にマッサージしてあげることで、血行促進による脂肪の排出を更に高める効果やむくみの解消など嬉しい効果が得られます。

まず、事前準備として、リンパの流れを良くするためカラダの体温を上げておきます。

ですから、入浴後などのタイミングがベスト。

入浴ができない環境であれば、発汗作用や体温をあげる効果がある飲み物や食べ物を摂取しておくと良いでしょう。

しっかりとカラダを温めたら、両手を使って両足の足首を同時にマッサージします。

足首からスタートしふくらはぎにかけて手のひら全体で少し力を籠めながら包み込むように刺激します。

ヒザ下まで到達したら完了し、また足首からスタートしてヒザ下まで実践します。

これを繰り返し10回程度行うことで、リンパの流れを促進敷く、老廃物や脂肪を排出するデトックス効果とともに溜まった水分を排出するむくみ解消効果も得られます。

足首を細くするのなら、痩身エステがおススメ!

今回ご紹介した方法は、いずれもご自宅など好きな環境やタイミングで実践できるセルフトレーニングによる方法ばかり。

もちろん、これらの方法を毎日継続して実践する事で、足首に付着した余分な脂肪をしっかり落とし、なおかつ脂肪が付きづらい体作りを実践する事も十分に可能です。

案内人 Misako

それでも、部分痩せによる効果を更に短時間でしっかり実感したいのであれば、これらのセルフトレーニングとともに痩身エステというサービスの利用をおすすめします。

痩身エステとは、エステサービスの中でも特にカラダの脂肪を落とすことに特化したエステのことで、様々な手法や効果的な器具を用いた作業を通じて、スピーディに痩せる効果が得られます。

特に、部分痩せのように全身痩せと比べて難易度が高い方法を選択する場合こそ一番効果を発揮してくれる方法でもあるので、今回ご紹介した手法と並行して手軽に利用してみることをおすすめします。

きっと、自分でもびっくりするほどの短時間で、周りの人が憧れる美ボディを作ることができますよ。