痩身エステ後にオススメの食事とNGな食事は?食べるタイミングはいつが良い?

痩身エステ後にオススメの食事とNGな食事は?食べるタイミングはいつが良い?

女性の美しいボディラインを維持するサポートとして、現代の女性には非常に人気が高い痩身エステ。

しかし、一回で効果が絶大に得ることができる!というようなものではなく、エステ後の食生活についてはしっかりと気を使う必要があります。

痩身エステは、普段の生活習慣を見直して、食事にも気を使いながら、より効果をあげ美ボディを手に入れるエステ方法です。

ところで、痩身エステに通う方の疑問が多い内容として、エステに行った後にいつも通りの食事はしてもいいのかというものですが、実際はどうなのでしょうか。

せっかくの痩身エステの施術をうけたのなら、その効果を最大限に活かせる方法をとりたいと誰もが思いますよね。

案内人 Misako

何を食べたらいいのか、いつ食べたらいいのか、痩身エステ後の食事のあれこれを知ることで、より効果的に美ボディに近づく事ができるはずです。

そこで、食事についての注意事項や痩身効果をアップする方法をしっかりご紹介させていただきます。

痩身エステのあとに注意して欲しい2つの事

痩身エステのあとに注意して欲しい2つの事

痩身エステの効果は、施術が終わってからの2時間が勝負!と言われています。

大きく分けて2つの約束を「守る」「守らない」かで痩身の効果にはびっくりする程の差ができてきます。

1つめは、エステが終わったあとの2時間から3時間は食事を絶対しないこと。

2つめは、揚げ物や糖分が高いジュース、お菓子などは避けること。

施術をうけるまえの注意点として、エステティシャンがこの2つの説明はしっかり行っていることでしょう。

施術では体を揉みほぐしたり老廃物をながすトリートメントマッサージを行う為、長時間になることも多く、エステの後はお腹がペコペコになっているかもしれません。

案内人 Misako

しかし、痩身エステの効果を最大限に活かして効果をあげるなら、ここはぐっと食欲を我慢することが大切です。

この2つの約束を徹底して守って欲しい理由は、施術を行った体は代謝が通常よりもよくなっており、吸収率が高くなっているからです。

2時間も食事を控えて欲しい理由

エステでは、体を温めたり全身のトリートメントで老廃物を流したり押し出すことを行います。

どんどん代謝を上げ、脂肪を燃やしやすい体へと変えていきます。

代謝が上がると血行がよくなるのですが、血流がよくなると、脂肪の燃焼も早くなるだけではなく、食事の吸収率も高くなります。

そのため、普段よりもより一層吸収率が高くなってしまいます。

この状態で食事をすると、せっかくの痩身エステの効果が半減、もしくはそれ以下になってしまいます。

脂っこい食事接種は痩身エステ後にNG

エステが終了してから2、3時間が過ぎたので、お腹が空いてるから今日はしっかりご飯を食べたい!と思うのは当然のことですが、せっかくの痩身エステを行ったのなら、もうすこし我慢しましょう。

栄養を吸収しやすくなっている体の状態が少し落ち着いてきてはいますが、気を使わずに痩身エステを受けたから大丈夫!とエステ効果を過信していたら余計なカロリーやエネルギーを摂りすぎて、そればかりか体内へ溜め込んでしまいます。

極力、ヘルシーな食事を心がけることが大切です。

痩身エステ後のおすすめな食事と食べ方

痩身エステ後のおすすめな食事と食べ方

この痩身エステ後の大切な時間の食事については、アスリートなどの食事の方法と同じようにすることが一番おすすめの方法といえます。

温野菜のサラダなどでビタミンをたっぷり摂ったり、鶏のささみや胸肉を中心に、油をあまり使わないようなメニューが望ましいです。

案内人 Misako

もちろん、濃い味付けは避けて、出来るだけ薄味を率先して選んでください。

スープなどのローカロリーなものをプラスするのも良いでしょう。ただし、スープの場合はポタージュなどのこってりした物は避けてくださいね。

ポタージュは、大体がジャガイモなどのでんぷん質が多く糖質が高めのメニューです。

また、パスタなどの小麦粉を含むメニューもおすすめはできません。和食は比較的、野菜が多く油分が少ないのでおすすめできます。

飲み物にも気をつけて

施術の前に飲むおすすめドリンクは、体を暖めるようなものが効果的です。発汗作用を促してくれるので、施術の質を上げてくれます。

できれば、生姜のはいっているようなドリンクが良いので、ドラッグストアなどでも手軽で手に入る生姜湯などは是非のんでいただきたいです。

また、リンパマッサージなどの痩身エステ後は、老廃物を体が体外へ出そうという働きをするためしっかりと水分補給をすることが必要です。

この時の飲み物は、白湯がベターです。スポーツドリンクには当分や塩分がはいっているので、直後にはおすすめできません。

食事をするタイミング

エステを受けるタイミングにもよりますが、お昼頃の施術なら、施術後に食べるよりも施術前にブランチとして朝食と昼食を一緒にすませて、夕食まで我慢するのがより効果的です。

夕食までの時間もしっかり摂ることができます。

また、夕方に施術の予約になっている場合は、なるべくエステに行く前に当日のすべて食事を終えてしまって、後は水分だけ節酒するだけでOKな状態を作りましょう。

食事のタイミングを気を付けるだけで、効果は飛躍的に上がります。エステ後に夕食を取るのはNGです。

ダイエットに効果的な栄養を取るのも大切

ダイエットに効果的な栄養を取るのも大切

施術の後は、栄養素を吸収しやすくなっている為、ダイエットに効果的な成分も吸収しやすくなっていると言えます。

腸内環境を整えることで、排便を促し体の中から綺麗になることもできるチャンスなので、しっかり取り入れましょう。

案内人 Misako

便秘はダイエットの敵です。この絶好の機会にしっかりと要らないものは排泄します。

腸の運動を活発にするような作用をもっている、ポリフェノールや、クエン酸はとくに積極的に取り入れたいものです。

また、お酢もダイエットには良いと言われている食材の1つなので取り入れると効果は上がります。

りんご酢やブルーベリー酢は体にも良く、ダイエット以外の効果や効能も高いです。

食物繊維で腸も綺麗にデトックス

食物繊維は、普段の生活のはなかではなかなか摂りにくいものとされています。

しかし、痩身エステのあとは通常よりも少量であっても吸収率が高いのでより効果を得ることができます。

また、食物繊維はお腹をふくらまして、満腹感をあたえるので、痩身エステの後の食欲がある状態でも安心して食べることができます。

食物繊維の豊富なおすすめの食材は、千切りキャベツやきんぴらごぼうなどです。

食べるだけでダイエット効果がある食材

痩身エステと合わせて、食べるだけでダイエット効果がある食材としては、たんぱく質が豊富でビタミンがあり、脂肪になりにくい脂肪分があることです。

このような栄養素を含む食材をエステと共に日頃から取り入れることが美ボディをてに入れる秘訣です。

有名な上位5選は、トマト、アスパラ、アーモンド、青魚、納豆です。

どの食材も年中手に入り、普段の生活に日常的に取り入れやすい食材なので、より効果をあげるために是非一緒に取り入れることをおすすめします。

野菜は加熱をしすぎると、せっかくのビタミン組織が壊れてしまうことがあるので、出来るだけ加熱をしすぎないことがポイントです。

アーモンドは、最近ではドリンクなどにも配合されているのでより一層手軽に摂取できるようになりました。