痩身エステに通う期間はどれくらいがベスト?効果が持続する期間について

痩身エステに通う期間はどれくらいがベスト?効果が持続する期間について

痩身エステに通うことを考えている女性は多いのではないでしょうか?

痩身エステは日本の各地にあり、探し出すことは容易です。しかし、どの痩身エステにすればいいか?どのくらい通えばいいのか?よく分からない所です。また、痩身エステにはマシンを使ったマシン痩身や、手で直接マッサージするハンド痩身があります。

案内人 Misako

どちらも効果がありますが、それらの痩身方法の効果が表れる時期や持続期間もよく分からないものです。

ここではそんな女性の為に、「痩身エステを通うベストな期間」「マシン痩身とハンド痩身の効果とその持続時間」などを紹介します!

これから、痩身エステに通おうとしている女性は是非チェックしてみて下さい!

痩身エステに通うベストな期間とは?

痩身エステに通うベストな期間は個人差によって異なると言ってしまえば簡単ですが、それだと解決になません。ベストな期間は自分の体型がどうなりたいのか、体重をどのくらい落としたいのかで決まります。

そのため、少しだけウエストを細くしたい人には1ヶ月でも細くする事ができるので、1ヶ月がベストな期間になります。一方、本格的に体重を7キロ~8キロ落としたい人には1ヶ月ではその体重を落とすことは難しいので、半年~1年程通うのがベストな期間と言えます。

案内人 Misako

人それぞれ痩身エステに通うきっかけや動機などは様々で、結婚式の前に少しだけ通う女性も多く、ベストな期間は一概に○○ヶ月とは言えません。

ベストな期間は自分で決める事になるので、目標の体型や体重を最初に決める事が、痩身エステを受ける前のポイントになります。

自分の目標の体型を決める

女性の理想の体型はどの様なものだと思われますか?

「ウエストが細くて足がまっすぐスラっとしている」などが理想の体型かも知れません。

自分の理想の体型をイメージしてそれに近づく事が痩身エステの目的でもあるので、具体的に理想の体型を思い描いたり、スケッチするなどをしてイメージを固めておく事が、痩身エステを通うベストな回数などを決める目安になります。

具体的な体重の目標を決める

体型と同じく目標の体重を決める事も痩身エステに通う時の大きな目安になり、どのくらい通えば理想の体重になるのかが分かると思います。ダイエットなどでも目標体重がありますが、痩身エステでも同じです。

痩身エステでは最初にカウンセリングがあり、その時に大体どのぐらいの体重を目標にするのかを聞かれる事もあるので、具体的な目標体重を持っている事がベストな期間を知る事になります。

痩身エステで効果が表れる期間

日常のダイエットでも効果が表れるには一定の期間が必要となりますが、痩身エステでも効果が表れる期間は一定期間必要です。また、その時の痩身方法によってもすぐに効果がある物と、時間が掛かるものもあります。

おおよそですが、痩身エステでは週に1回通ったとしてトータルで5回~6回ほど通えば効果は出ていて、目標の体重や満足する体型に近づいています。その人の目標や体型や体重によってばらつきますが、平均的にはそのぐらいの回数と期間で終了する女性は多いです。

しかし、もっと上の効果や理想の体型を目指すのであれば10回~15回と通う女性もいて、目標が高い女性ほどエステに通う回数は増えていきます。

案内人 Misako

効果が表れる期間や時期は1回で実感できる人もいれば、3回受けてもあまり実感がない人もいます。

それは、自分に合った痩身方法で施術していない事や3回では効果が出なくても5回目~6回目で効果がでる体質の人の場合に多いです。脂肪は固まって古くなると除去しにくくなり、そのような固まった脂肪を多く持っている女性は体重が落ちにくく、1回~3回では効果を感じる事はできないかも知れません。

痩身施術には、マシンを使ったマシン痩身と手を使ったハンド痩身があるのでその効果は大きく違います。

マシン痩身の効果

マシン痩身はキャビテーションラジオ波EMSエンダモロジー、などが主にありますが、効果のほどは人それぞれ違います。1回目で効果が感じられる人もいれば5回目でやっと効果が表れる人もいます。

マシン痩身は痩身エステではほとんど行われていて、マシン痩身でないと落とせない脂肪やセルライトもあります。また、マシン痩身とあわせてマッサージなどをする事でさらに効果が表れるので、マシン痩身の施術を受けている時期は絶好のダイエット期間と言えます。

柔らかくなった脂肪は軽い運動でも燃焼するので、軽い散歩や半身浴などをプライベートな時間で取り入れる事によって、痩身エステだけの効果以上の結果を得る事ができます。

ハンド痩身の効果

ハンド痩身はマシン痩身の元になっていて、エステティシャンの技量によって異なってしまう弱点があります。腕の良いエステティシャンのハンドマッサージなどはマシンと同じぐらいの効果を期待できます。

またハンド痩身はマシン痩身の後に行われる事が多く、マシン痩身で柔らかくなった脂肪をマッサージによってより痩せやすく促してくれます。そのため、ハンド痩身ではやせる事ができないと思われている人もいるかもしれませんが、ハンド痩身が無ければマシン痩身の良さを引き出す事ができません。

痩身エステで効果が持続する期間

では、痩身エステで得られた効果はどのくらい効果が持続するのでしょうか?

痩身エステは痩せやすい体を作れ、太りにくい体にもなります。なので痩身エステ後は痩身前よりも太りにくくはなっているはずです。そのため、定期的な軽い運動を続けるだけでも体重は維持する事ができ、ある程度の時期は痩身エステで得られた効果は持続できます。

案内人 Misako

具体的な期間を上げると、少なくとも1ヶ月~3カ月は太りにくい体にはなっています。

太りにくい体にはなっているかもしれませんが、痩身前よりも食べる量が増えていたり運動をしなかったりすれば痩身効果で得られた体型や体質が元に戻ってしまいます。

痩身後は軽い運動などを取り入れる事で、痩身効果で得られた体質を持続し長続きさせる事ができます。

マシン痩身の持続期間

上記で紹介したマシン痩身の持続時間はハンド痩身よりも長く、特にキャビテーションによるマシン痩身の効果の持続時間は長いと言えます。キャビテーションでは超音波で脂肪細胞を破壊するので、ハンド痩身では取る事ができなかった硬い脂肪やセルライトを除去し、その後の効果や持続時間は他の痩身施術よりも優れています。

キャビテーションの具体的な持続時間は、3ヶ月~6ヶ月は効果が持続する人もいて、施術期間にも異なりますが長い間効果がある人もいます。ただ、人それぞれ体の中の脂肪やセルライトの状態が違うので一概にその期間とは言えなく、施術後の食生活や運動の頻度によって、短くもなり長くもなります。

マシン痩身の持続期間はその後のメンテナンスにも大きく異なるので、できれば運動を取り入れる事をおススメします。

ハンド痩身の効果期間

一方、ハンド痩身ではマシン痩身よりも効果の持続時間は少なく、ハンド痩身のみの痩身エステはあまりお勧めしません。マシン痩身があるエステサロンは多いので、出来ればマシン痩身を行っている痩身エステを利用する方が良いでしょう。

ハンド痩身は単体では効果が少ないですがマシン痩身と併用されることが多いので、マシン痩身とハンド痩身を合わせた痩身施術が一番効果があり、持続時間も長くする事ができます。