ゼルティックの口コミ評判|効果や痛みの有無、デメリットを解説!

ゼルティックの口コミ評判|効果や痛みの有無、デメリットを解説!

切らない脂肪吸引として話題の痩身技術ゼルティック治療。

案内人 Misako

安全性の高さや、脂肪細胞の数を減らせることからリバウンドリスクが低いなど多くのメリットがある痩身治療です。

従来の脂肪吸引と同じ効果がありながら体への負担が殆どなく、身体を傷つけることなく理想のボディを手に入れることができるのも特徴のひとつ。

今回はそんなゼルティックについて詳しく解説、メリットやデメリットなど役立つ情報をお届けしていこうと思います。

ゼルティックを検討している方は是非参考にしてくださいね。

ゼルティックの口コミ評判

お腹周りの贅肉が気になってダイエットにチャレンジしては失敗を繰り返していました。

そんな時、テレビで海外セレブが紹介していたゼルティックをたまたま見かけて受けられるクリニックをすぐに探して施術を受けました。
痛みの方は特に感じることなく最初少し冷たかったかなくらいでした。まだ経過観察中ですが少しウエストに余裕がでてきたように感じます。

30代/女性

前から興味があったゼルティックが受けられるクリニックが近場にできたので予約してみました。
最初は贅肉を引っ張られている感じが気になりましたが、すぐに慣れてリラックスしながら施術を受けられました。
時間も短くて寝ているだけで気が付いたら終わっていたのには驚きました。

気になる効果の方ですがすぐには実感できないみたいなので2カ月後を楽しみにしたいと思います。

20代/女性

産後太りで中々体型が戻らず悩んでいた時にゼルティックの存在を知りました。

料金は高めだったんですけど思い切って施術を受けてみることを決意。
結果受けて本当によかったと思っています。なにより出産前に履けていたズボンが普通に履けるようになったのが嬉しいです。

20代/女性

ダイエット成功からのリバウンドですっかりモチベが下がっていました。

運動せずに痩せる方法を探していた時にゼルティックを紹介されリバウンドの心配が少ないことに惹かれて施術を受けてみることに。
施術は痛みもなく音楽を聴きながらリラックスして受けることができました。効果が現れるまでには時間がかかるようなので今後を楽しみにしたいと思います。

30代/女性

前から脂肪吸引に興味があってメスを入れるのは怖かったので、身体への負担が少ないゼルティックを選びました。
顔のたるみや二重顎が気になっていたので集中的にケアをしてもらい2カ月後には驚きの効果が。
二重顎が解消されてスッキリしたフェイスラインを手に入れることができました。こんなに効果があるなら他の部位も施術を受けてみたいなと考えています。
最近レディース有吉という番組で「ジェルティック」として紹介されていたので、ますます注目してます。

30代/女性

ゼルティックを取り扱っている主な痩身エステサロン

ヴィトゥレ×
キレイサローネ×
ラ・パルレ×
シーズ・ラボ×
エルセーヌ×
リフィート×
フェイバリックスグループ×
たかの友梨ビューティクリニック×
BTB×
スリムビューティハウス×
エステティック ミスパリ×
ヴァン・ベール×
スレンダ銀座×
エール×

※当サイトで紹介している痩身エステでは取扱いがありませんでした。韓国ではクリニックで施術することができる様です。

ゼルティックの効果や痛みの有無について

切らない脂肪吸引として注目されているゼルティックですが施術中に痛みはあるのでしょうか。

案内人 Misako

まずはその仕組みを理解し、痛みの有無についても解説していきたいと思います。

ゼルティックが気になっている方は一度目を通してみてくださいね。

ゼルティックの仕組み

ゼルティックは脂肪細胞をシャーベット状に凍結させて破壊する痩身マシンです。

脂肪は水に比べて高い温度で凝固する特性があり、冷却すると皮膚や血液よりも先に凍結します。

脂肪の自然死を起こした細胞は、約2カ月~4カ月かけて代謝で体外に排出し脂肪細胞そのものが無くなるため高い痩身効果が期待できるのです。

ゼルティックは皮膚そのものや血流には影響がないため身体への負担はまったくありません。

メスを使用しないので傷跡が残る心配もないのも特徴。

対象部位はゼルティックの専用アプリケーターが装着できる箇所であればどこでも施術が行えます。

お腹周りや腰、背中全体やお尻など気になる部位を集中ケアすることで部分痩せにも効果的です。

施術中に痛みは感じる?

結論から言えばゼルティックは痛みのない痩身エステだといえます。

メスを使わない施術なので体を傷つけることなく、従来の脂肪吸引と同じ効果を得られるのがメリット。

痛みはほとんどないので、リラックスしながら施術を受けることができますよ。

ただし個人差があるのですべての方が痛みがないというわけではないようです。

また、吸引による引っ張られる間隔と冷却による冷たさを感じることがありますが、慣れれば気にならない程度なので安心してください。

治療を受けるクリニックによっては麻酔の使用ができるので、心配な方はスタッフの方に相談してみることをおすすめします。

ゼルティックのメリットは?

痛みのなさやリバウンドリスクの低さなど、メリットの多いゼルティック治療。

案内人 Misako

それ以外にも注目するべきポイントが多くあるのでもっと詳しく見ていきましょう。

痛みのない施術

上記でも説明した通りゼルティックは切らない脂肪吸引です。

脂肪細胞を凍結させて、体外に排出することで高い痩身効果が期待できるのが特徴。

メスを使う必要がないので痛みや体への負担がほとんどありません。

また、脂肪細胞そのものを減少させることができるので、リバウンドの心配が少ないのも人気の理由のひとつです。

ゼルティックは痩身効果が高く、痛みの少ない施術を希望している方におすすめ。

治療後は、特別なケアの必要もないので運動が苦手な方や長期間のダイエットが続かない方も手軽にダイエット効果を体感できます。

施術時間が短くスピーディな施術が可能

施術時間が短いのもゼルティックの特徴のひとつです。

スピーディな施術で1時間程度で高い痩身効果を体感することができます。

施術はマシンを使って行うので、何もする必要がなく1時間寝ているだけで施術が終わります。

拘束時間が短いので忙しくて痩身エステに通うことができなかった方にもおすすめ。

部分痩せに最適

気になる部位に専門のアプリケーターを取り付けるだけで、痩せたい部位の脂肪が吸引され冷却することができます。

そのためアプリケーターが装着できる部位であれば全身のどこでも施術が可能なので、一部分だけ痩せたいという部分痩せにも最適です。

ウエストや太もも、二の腕などの部位はもちろん顎下など厚みのない脂肪にも十分に効果を発揮します。

肌再生効果で若返りを実現

従来の脂肪吸引手術は、皮下脂肪を除去する効果はあっても肌を若返らせる効果はありません。

また、術後は肌の中身が無くなった状態になるため、肌のたるみが酷くなるなどのリスクがありました。

一方でゼルティックは、肌細胞を活性する効果があるため肌を若返らせリフトアップ効果が期待できるのも大きな違いのひとつです。

特に、二重顎などの解消に効果が高くすっきりしたフェイスラインに導き小顔効果が期待できますよ。

FDA認定の安全性が認められたダイエット法

FDAとは米国食品薬品局の略称で、日本の厚生労働省に相当するアメリカの政府機関です。

ゼルティックは米国で認められるほどの効果と安全性が保証され、世界中で40万人以上の症例数があり最先端医療器械として評価を確立しました。

日本のみならず、海外メディアでも注目されており世界中で支持されるダイエット方法です。

開発そのものが医学的根拠に基づいているため、信頼性の高い痩身治療として多くの方に愛されています。

ゼルティックのデメリット

メリットの多いゼルティックですがデメリットも存在します。

案内人 Misako

痛みがなくダイエット効果も高いゼルティックですが、向いてない方もいるのでこちらも一度目を通しておいてくださいね。

即効性は期待できない

即効性は従来の脂肪吸引には劣ります。

破壊した細胞を体外に排出するためには個人差があり約2カ月~4カ月程度の期間が必要になります。

破壊された細胞が元に戻ることはありませんが、この排出されるまでに急激に太らないように注意する必要があります。

運動などをする必要はないですが、生活習慣の見直しや食事制限など自分で出来るホームケアを心掛けましょう。

即効性は期待できないのですぐに痩せたいという方には向いていません。

医師の技術によって効果に差がでる

脂肪細胞を凍結する際の技術力によっては、施術後肌に凹凸ができるリスクや効果が低いなどの差がでてしまうことがあります。

まだ取り扱いクリニックは少ないですが、症例の多いクリニックを選び、仕上がりについてしっかりと確認しておくことが大切。

口コミなどを参考に評判のいいクリニックを選びましょう。

もし万が一たるみや凹凸ができてしまった場合は、すぐに申告して調整をしてもらってください。

クリニック選びは、安心・安全に効果の高い痩身治療を受けるために重要なポイントとなります。

また、施術後しっかりとマッサージをしなければ本来の効果を実感することが難しくなります。

アフターケアを怠るとリバウンドのリスクが高まるので、施術を受けた後の自己管理はしっかりと行ってください。

料金設定が高め

ゼルティックの専用アプリケーターを標準サイズとして数えて、1アプリケーターに付き相場は10万程度とかんがえてください。

アプリケーターが大きくなると価格も大きくなります。

脂肪を減らしたい部位や広さによって枚数や大きさが変わるため広範囲の施術を考えている方はさらに費用が必要です。

ゼルティックの費用は手のひらサイズを基準として算定されていることが多く、一般的な手のひらサイズで10万程度と言われています。

二の腕程度の部位でも約10万~20万程度の費用が必要になり、他の施術と比べると料金設定は高めです。

ゼルティックの評価

結論から言えば、ゼルティックはおすすめの痩身治療です。

メスを使う必要がなく痛みのない脂肪吸引で、確実に痩せることができるなどメリットが多いのが特徴。

案内人 Misako

FDA認定のダイエット方法だから安全性の高さも保証されています。

脂肪細胞そのものを減らすことができるのでリバウンドの心配が少ないのも嬉しい効果のひとつです。

部分痩せにも特化しているので、くびれなどメリハリのある女性らしいボディを手に入れたい方におすすめ。

即効性を求めていないならゼルティックを試す価値は十分にありますよ。