おしり痩せをする方法|小さくならない原因や筋トレ方法・マッサージ方法など

おしり痩せをする方法|小さくならない原因や筋トレ方法・マッサージ方法など

お尻が大きく、垂れてきているのが悩み…そんな方はいませんか。

大きいほうが女性的といっても横に大きくはみ出ていたり、垂れてしまったりしていると魅力も半減してしまいます。

案内人 Misako

スラリとしながらしっかりとヒップアップされたお尻、女性なら憧れるものですよね。

そんな小尻は自分の頑張り次第で作れるものなんです。

そこで今回は、ヒップアップのために行いたいおすすめトレーニング方法からお尻が垂れないために知っておきたい垂れる原因について紹介していきます。

自宅で簡単に行えるセルフマッサージ方法も紹介しますよ。

お尻を綺麗にすることで体全体のスタイルがよくなり、嬉しい効果もたくさんあります。

小尻を目指してまずはできることから行っていきましょう。

お尻が小さくならないのはどうして?原因について

お尻がどんどん大きくなってしまう場合、考えられるのは普段の生活に大きな理由があります。

まずお尻を上向きにするために大切なのがお尻を支えるための筋肉です。

この筋肉は使っていないとどんどん衰えていってしまうのです。

そのためお尻の筋肉を鍛えることでヒップアップ効果はどんどん期待できるようになります。

もう一つお尻を支えるための重要なポイントが骨盤です。

骨盤が歪んでいると姿勢も悪くなり、見た目にもよくありません。

案内人 Misako

普段座っている時に綺麗な姿勢で座れていますか、もし足を組むことが多いという方は骨盤のズレが発生している可能性があります。

背筋を伸ばし、骨盤がしっかりと椅子に対してまっすぐ伸びているような形、これが正しい座り方です。

座り過ぎもお尻にはよくありません。お尻が椅子に密着している状態で長時間いると血行が悪くなってしまいます。

座り仕事が多いという方でも1時間に1度は席を立つようにしてみてください。

冷え性などの体質でもお尻が垂れることが

お肉に悩んでいる方で冷え性という方は多いのではないでしょうか。

冷え性になると体全体の血行が悪くなります。

触れてみると驚くほど冷たくなってしまう方もいますよね。

これをそのままにしておくと体全体の代謝が落ちて脂肪が落ちにくい、つまり太りやすい体質になります。

できる範囲の運動と体を冷やさないように対策をして小尻化に繋げていきましょう。

綺麗なお尻の天敵がセルライト

でこぼことした固い脂肪がセルライトと呼ばれるものです。

このセルライトができてしまうととても落としづらく苦労することになります。

表面上もぼつぼつとしており、お世辞にも綺麗とは言えません。

美尻を目指すのであればセルライトが作られないように心がけましょう。

お尻を小さくするためのおすすめトレーニング

お尻を小さくして持ち上げるために必要なこと、それはやはりお尻の筋肉を鍛えることです。

道具も必要ない簡単なトレーニング方法を紹介するのでぜひ試してみてください。


筋トレは毎日続けることでより効果を感じやすくなりますよ。飽きること無く続けることを意識してみてください。

お尻の筋トレに効果的な方法、それがヒップブリッジという方法です。

こちらではお尻の大部分を支える大臀筋という筋肉を鍛えることができます。

案内人 Misako

やり方もとても簡単です。
  1. 仰向けに寝転がり、足を少し広げて膝を立てた状態にします。
  2. その状態から息を吐きながらお尻を持ち上げていきます。
    手を使わないブリッジのような感覚ですね。
  3. この時足の踵は地面に接着したままで、限界まで上がったらその状態を3秒ほどキープしてから体を下ろしていきます。
    この時は息を吸いながらゆっくりと戻すことを意識しましょう。

この行動を1回として1日10回から15回ほど行うのがおすすめです。

慣れてきたらより回数を増やすのもいいですよ。

慣れてきたら骨盤周りを鍛えるレッグレイズも取り入れましょう

次に紹介するのがレッグレイズというトレーニング方法です。

これは骨盤周辺の腸腰筋という筋肉を鍛える筋トレになります。


こちらも仰向けに寝た状態からスタートします。

  1. 足を10度ほど曲げた状態にして地面から少しだけ浮かせます。
  2. そこからさらに足を上げていきます。目標は地面に対して45度の角度です。
    もちろんできる範囲で構いません。
  3. 頂点で3秒キープが終わったらゆっくりと戻していきます。

こちらも10回から15回を目安に行ってみてください。

腹筋に似ていますが、より骨盤を意識したトレーニングとなっています。

お腹よりもお尻を鍛えたい、小さくしたいという方はこちらのレッグレイズがおすすめです。

お尻を小さくするためのマッサージとストレッチも教えます

お尻を小さくする方法の中にはマッサージも効果的です。

人体のあらゆる場所にあるツボ、実はお尻にもツボがあるということがご存知でしたか。

案内人 Misako

そこをマッサージしてあげることでより効果的に美尻を目指せます。

まず紹介するのが次りょう(じりょう)というツボです。


この次りょうを刺激することで骨盤の血流を良くする効果があります。

お尻周り、太ももにもスタイルアップ効果があるツボとなっています。

お尻を触った際に一番感触がわかりやすい大きな骨、それを仙骨と呼ぶのですがその仙骨よりわずかに上の箇所に次りょうは存在しています。

そこを自分の指で強めに押してみましょう。

押すだけでなく温めるという方法もおすすめです。

下半身の血流が改善されるので小尻を目指す女性には効果的なツボです。

もう一つおすすめのツボが環跳(かんちょう)というツボです。


これは仙骨よりも外側に位置しています。立ってお尻を引き締めた時にへこむ部分が環跳です。

この環跳を刺激することでお尻を柔らかくしてくれる効果があります。

こちらも自分の指でぐっと押してみましょう。

お尻が固くなってしまっている人はなかなか難しいと思います。

そういった場合はお風呂などで押すことで柔らかくなり刺激しやすくなりますよ。

椅子に座ったままできる簡単ストレッチも

なかなか運動する時間が取れないという方におすすめな座ったまま行えるストレッチも見ていきましょう。


  1. まず右足を左膝の上に乗せ、足を組むような形にします。
  2. そこから右足を手で持ち、ゆっくりと持ち上げていきましょう。
  3. 少し痛みを感じる箇所まで来たらそこで20秒キープをします。
  4. ゆっくりと下ろして、左右を反対にして同じように行っていきます。

これを左右2回ずつ行ってみてください。骨盤を柔らかくしてくれるのでヒップアップ効果がありますよ。

お尻を小さくするなら痩身エステもオススメの方法です!

お尻を小さく、そしてヒップアップするための方法を紹介しました。

これらはどれも自宅で行えるのでちょっとした時間にでも試してみてください。

この他にもお尻を小さくする方法としておすすめなのが痩身エステという方法です。

痩身エステではなんと体を動かさずとも音波などのマシンの力を使って脂肪を分解してくれるというものです。

案内人 Misako

分解された脂肪は尿などと一緒に体外へ排出されてしまえば、再度固まってしまうということもありません。

痩身エステのメリットとして、固まってしまったセルライトも取り除いてくれるという点が上げられます。

このセルライトは運動やマッサージではなかなか除去できない厄介な脂肪です。

それも痩身エステのキャビテーションを使えば除去が可能になっています。

美尻を目指す方はトレーニングと痩身エステを組み合わせることでより効率的にヒップアップが目指せますよ。