生理中の痩身エステは止めた方が良い?効果的なタイミングは生理前?生理後?

効果的にダイエットを、と考えて痩身エステに通う人も多いですね。しかしせっかく予定を入れたのに、急に生理になってしまったということも、女性には結構あることです。

案内人 Misako

「予約を入れたんだからやはり行ったほうが・・、いや生理中は止めておいたほうが・・」と、悩む女性はかなり多いと思います。

この生理中の痩身エステ、やったほうがいいのでしょうか?それとも止めておいたほうがいいのでしょうか?

また生理というものは、痩せる、痩せないということにどう関係してくるのでしょうか。気になるそのあたりを、解説していきましょう。

基本的には生理中の痩身エステは

基本的には生理中の痩身エステは、おすすめが出来ません。また大手のエステサロンでも、生理中は施術を断っているところもあります。

案内人 Misako

一体どのような理由で、生理中は痩身エステをしないほうがいいのでしょうか。

もちろん個人差はありますが、主な理由を述べていきましょう。

体調悪化の問題がある

生理中は誰でも、大なり小なり体調が悪くなってしまいます。お腹が痛くなったり頭痛がしたり、貧血を起こしたりもします。気持ちも不安定になるものです。

痩身の施術をした場合、実は人によっては血流が良くなって生理痛が軽減、ということもあります。しかしほとんどの人の場合、もみほぐしたりマッサージしたりの刺激で、体調が悪化してしまうのです。

生理痛のひどい時には吐き気を訴える人もいますね。そんな時に全身に刺激を与えるというのは、やはり避けたいものです。

貧血の心配について

生理というものは出血を伴うものです。人によってはそれだけで、生理中の貧血に悩まされます。痩身エステの場合、なんと言ってももみほぐしなどで血流が良くなります。

結果、出血の量も増えてしまうことがあるのです。となれば、貧血状態になっても不思議ではありません。特にヒートマットドームのような、身体全体が温まるような施術だと、この危険は増してしまいます。

貧血をできるだけ避けるためにも、生理中の痩身エステは止めておくに越したことはありません。

生理中の肌は敏感

生理中の肌はかなり敏感になっています。生理で微熱を出す人もいますし、熱があればまた余計に肌も敏感になるものです。なのでこの時期、マッサージ系の施術を受けると、その敏感になった肌に余計な刺激を与えることになってしまいます。

人によっては内出血を起こすこともあり、そうなるとそれが治るまで施術を受けられなくなる可能性もあります。そこまで行かなくても、肌荒れを起こしたりすることも無いわけではありません。

せっかくきれいになろうとしてエステに行って、肌荒れや炎症を起こしてしまっては意味がありませんね。特に肌の敏感な人の場合、生理中の痩身エステは厳禁と言っていいでしょう。

衛生的な問題も

出血を伴うのが、生理というものです。この出血、もちろん人に見せたくはありませんね。しかし痩身エステの施術の時、着替えることは必須です。

紙のショーツなど用意されたものに着替えます。それ1枚での施術なので、ここで失敗があると悲惨なことになってしまいます。いくらタンポンや長時間用のナプキンを使用していても、もしかしてと思うと落ち着きませんね。

失敗したらどうしようと思いつつ施術を受けていても、気持ちが落ち着きません。本来リラックスの場であるはずのエステサロンです。

そこで落ち着いて施術を受けられないのでは、本末転倒になってしまいますね。また怖い話ですが、もし経血が漏れてしまったら、本当に手段がありません。最悪そのサロンに通うのが気まずくなってしまうこともあります。

この点だけでも、生理中の痩身エステは諦めることをおすすめしたいです。

そもそも生理中のダイエット効果は?

無理をして、予約があるからと生理中にもかかわらずエステに行ってしまうと言うのは、あらゆる面からして止めておきたいものですね。加えて生理中のダイエット自体、あまりおすすめできるものではありません。

案内人 Misako

体調の問題も勿論ありますが、効果も実はあまりないのです。

無理してダイエットしても効果が見られないのでは、これは身体に無理を強いるだけですね。生理中のダイエットの効き目はどうなのか、やめておくほうがいい理由なども解説しておきましょう。

生理中のダイエット効果があまりないという理由

生理中は女性ホルモンの1つ、プロゲステロンが増加します。このホルモンの分泌量が増えると、身体に栄養や水分を蓄えようとして、結果痩せにくくなってしまいます。

要は身体が肉を蓄えようとしているのです。そんな時にダイエットをしても、はっきり言って無駄です。健康的にも良くありません。

自然に反することですから、そういった意味でもやめておくほうが無難です。効果もあまりなく、しかも身体に負担をかけてしまうのです。

生理中のダイエットは、効き目があまりないということで止めておくのがおすすめです。このプロゲステロン、生理前から分泌されますので、生理1週間前くらいからエステの回数を減らしたほうがいいですね。

このあたりの施術については、エステのスタッフと相談してみてください。エステによって若干の違いもありますので、そのあたりもチェックしておきましょう。

生理後にはダイエット効果は増す

さて気分の悪い時期が過ぎ、生理が終わればダイエットや痩身エステのチャンスが到来します。プロゲステロンの分泌が減少し、代わりにエストロゲンの分泌が増加します。

このホルモンが身体の代謝を上げてくれるのです。ご存知のように、単に身体というものは食べ物を減らしたりするだけでは痩せてくれません。

基礎にある代謝が高ければ、食べても太らない身体が出来ます。なのでこの代謝を上げてくれるエストロゲンの分泌が増える生理後は、痩せるチャンスなのですね。ここを狙って、痩身エステサロンの予約をしっかりと入れておきましょう。

非常に効果的に、生理後の開放感も伴って気持ちよく施術を受けられます。それこそ、身体も心もリラックスの状態で施術を受けられますので、エステサロンに行く効果抜群となるでしょう。

効果的に痩身エステを受けるために

痩身エステはダイエットの方法として、大変に効果のあるものです。

案内人 Misako

しかしこの、女性特有の生理というものも計算に入れておかないと、せっかくのサロン通いの効果も半減してしまいます。

そこも計算に入れて、しっかりと予約をとるようにしましょう。

生理の周期はしっかりと把握

婦人科関係の点でも、生理の周期というものは把握しておくのが賢明です。加えて痩身エステに通っている時には、その効果の問題も出てきます。

自分の生理の周期をしっかりと把握して、予約を入れるようにしたいものですね。ダイエットだけでなく健康面からしても、生理の周期は抑えておきたいところです。

急な生理になった場合

女性の身体というものはデリケートなものです。ちょっとした精神的なことでも、反応してしまいます。

それが原因で生理の周期の乱れも、来てしまうことがあります。そんな時にはまず、サロンに予約変更の電話を入れておきましょう。まだ1日目だし、と軽く見ないでキャンセル連絡を入れるのがおすすめです。

この周期を外れた生理というものは、特別な原因があるものです。ストレスとかの精神的な問題や、身体の不調等ですね。

なのでこういった時には特に、無理せずダイエットは後回しにして、身体の保護に努めてください。サロンによっては予約変更も勿論出来ますから、もし心配なら最初のカウンセリングの時に相談しておくといいでしょう。