ふくらはぎ痩せの方法|細くならない原因と筋トレ・マッサージ方法を調査

ふくらはぎ痩せの方法|細くならない原因と筋トレ・マッサージ方法を調査

多くの女性が憧れる美脚を実現させるには、太腿だけでなくふくらはぎも含めた脚のラインをほっそりと引き締めるようなダイエットが欠かせません。

ふくらはぎが太いとスカートをはいたときなどにどうしても目立ってしまい、他人の目が気になるものです。

案内人 Misako

ふくらはぎだけ部分痩せしたいと思っても、体の各パーツの中でふくらはぎは細くなりにくい個所だと言われています。

後述するようなふくらはぎ特有の事情があって他のパーツで有効な部分痩せテクニックが通用しないために、ふくらはぎだけを細くするのは難しいのです。

とは言え以下で紹介するような努力次第では、ふくらはぎの部分痩せも決して不可能ではありません。

ふくらはぎが太くなってしまう原因と合わせて、部分痩せに効果的なトレーニングやマッサージ方法についても解説します。

ふくらはぎが細くならない原因

部分痩せと言われるテクニックの多くは、体の特定部分についた余計な脂肪を落とすことで部分的なダイエットを実現させる方法です。

案内人 Misako

特定の個所だけピンポイントに脂肪を落とすのは不可能だという専門家も少なくありませんが、ふくらはぎにはまた別の事情があります。

ふくらはぎはもともと筋肉の占める割合が多いため脂肪がつきにくい個所で、ふくらはぎの太さに悩まされている人もその原因は脂肪の付きすぎが原因と限りません。

脂肪を落とすような通常の部分痩せを実践してもふくらはぎにはそれほど効果が高くないために、なかなか細くならないのです。

脂肪の占める割合が多くないのにふくらはぎが太くなってしまうのはなぜかと言うと、大半の人はむくみが主な原因となっています。

ふくらはぎにむくみが生じる理由

むくみというのは血液から染み出した水分が細胞の組織に溜まり、その付近の組織全体が腫れたようになっている状態です。

ふくらはぎの筋肉に供給された血液は重力に逆らって心臓に戻らなければなりませんが、普通は筋肉がポンプ代わりになって押し上げています。

運動不足や立ちっぱなしなどが原因でこうした働きが低下すると血液が戻りにくくなり、むくみの原因となってしまうのです。

特に女性は男性と比べて筋力が弱い上に冷え性の人も多く、血行不良も加わって代謝が低下し脚が余計にむくみやすい傾向も見られます。

ふくらはぎの部分痩せは老廃物排出が鍵

全身の皮下脂肪がそれほど多くないのにふくらはぎの付近だけ太って見える人は、以上のようなメカニズムで生じるむくみが原因となっている可能性が大です。

細胞に染み出した血液中の水分は老廃物とともにリンパの流れに乗って排出しなければなりませんが、前述したような理由で排出する力が弱っているとリンパの流れに乗れず、細胞内に滞ってしまいます。

ふくらはぎを部分痩せするにはむくみの解消が不可欠で、そのためには細胞に溜まった老廃物をリンパの流れに乗せてやることが鍵となってくるのです。

ふくらはぎを細くするトレーニング

ふくらはぎが太くなってしまう原因はむくみだけとは限らず、人によっては別の原因も考えられます。

特に学生時代の部活動などでスポーツに取り組んでいた人は、筋肉太りでふくらはぎが太くなっているケースが少なくありません。

ふくらはぎには脂肪がつきにくいとは言え、カロリーオーバーの食生活や運動不足が原因でふくらはぎにも過剰な脂肪がつくことはあり得ます。

案内人 Misako

そういう人はふくらはぎだけでなく全身に皮下脂肪が多くついていて、いわゆる肥満体型となっているのが特徴です。

過去に取り組んでいたスポーツが原因でふくらはぎが筋肉太りしている人の場合でも、代謝が低下して筋肉の間に脂肪が入り込んでいるというケースも珍しくありません。

そのような人がふくらはぎを部分痩せするには、後述するマッサージの方が効果的です。

スポーツの経験がないにも関わらずふくらはぎだけ太い人はむくみが一番の原因と考えられますので、筋肉をつけることが部分痩せにつながります。

筋肉をつけてふくらはぎを引き締める

ふくらはぎに適度な筋肉がついてくると脚のラインを引き締める効果が出てくるため、それだけでもふくらはぎが細くなったような印象を与えるようになるものです。

ふくらはぎの筋肉は腓腹筋やヒラメ筋に大きく分かれていて、2つの筋肉がアキレス腱と合流する構造になっています。

この腓腹筋とヒラメ筋を鍛えることで血液やリンパの流れを押し上げるポンプの役割も強化され、むくみが生じにくい体質に改善されるという仕組みです。

カーフレイズのやり方

腓腹筋やヒラメ筋を鍛える筋力トレーニングはカーフレイズと呼ばれ、ダンベルなどを使った本格的なトレーニング方法も考案されてきました。

ふくらはぎの部分痩せに取り組みたい女性でも、カーフレイズなら器具を使わず手軽に実施できます。

肩幅くらいに脚を広げた上で数秒間爪先立ちを行い、かかとを下ろすという動作を10回ほど繰り返すのがカーフレイズの基本的な動きです。

一休みしたら同様のトレーニングを繰り返し、1日に合計5回くらいずつ実施していけばふくらはぎの筋力が鍛えられます。

マッサージやストレッチもふくらはぎを細くするのに効果的

ふくらはぎがパンパンに張ったようにむくんで太くなっている人は、以上のようなトレーニングを行っても細くなったという実感がなかなか得られないものです。

ふくらはぎのむくみを効果的に解消させて部分痩せを実現するには、トレーニングだけでなくマッサージやストレッチも欠かせません。

案内人 Misako

このうちマッサージはむくみの原因となっている滞ったリンパの流れを促し、余計な水分とともに老廃物を排出させるのが目的です。

筋肉をほぐす効果のあるストレッチも代謝を促して老廃物排出に一定の効果を発揮するだけに、マッサージとセットで実施することで相乗効果が出てきます。

前述のトレーニングと合わせてマッサージとストレッチも日課にすれば、難しいと言われているふくらはぎの部分痩せも夢ではありません。

自分でできるリンパマッサージ

リンパマッサージと言えばエステサロンで受ける施術と思いがちですが、ふくらはぎならその気になれば自分でも可能です。

基本通りに末端から上の方へと順に絞っていくようなイメージでマッサージしていけば、リンパの流れに沿って老廃物を効果的に排出できます。

入浴後は体が温まって全身の血行が良くなっているため、リンパマッサージを行うにも最適なタイミングです。

ふくらはぎを柔らかくするストレッチ

ふくらはぎの部分痩せにつながるストレッチにもいろいろな方法がありますので、マッサージやトレーニングの効果を高めるには自分に合ったやり方を選ぶことが大切です。

腰を折るような姿勢のまま腕立て伏せの姿勢で両手を床につき、かかとを床につけてふくらはぎを伸ばすのがオーソドックスなストレッチ方法です。

もっと手軽な方法としては、仰向けに寝た状態で爪先を引き上げては伸ばすという動作を繰り返すだけでもふくらはぎのストレッチになります。

もっと効果的にふくらはぎを細くしたいなら痩身エステがおすすめ

以上のような方法を毎日実践していけば脚のむくみが徐々に改善され、ふくらはぎも確実に細くなってくるものです。

とは言えこうした地道な方法ではなかなか効果が実感できないという人も多く、効果が出るまで粘り強く続ける努力と忍耐力も求められてきます。

案内人 Misako

もっと効果的にふくらはぎを部分痩せしたいという場合は、痩身エステを利用してみる手もあります。

リンパマッサージのような手技を使った施術を例に挙げても、自分で行うよりプロに任せた方がむくみ解消効果が高いのは間違いありません。

痩身エステにはEMSやキャビテーション・ラジオ波など部分痩せに適した美容機器も揃っているため、自分でできるふくらはぎ部分痩せの限界を乗り越えられる可能性が高いのです。