お腹痩せの方法を解説!効果的な筋トレやマッサージ方法で細いウエストを手に入れよう!

お腹痩せの方法を解説!効果的な筋トレやマッサージ方法で細いウエストを手に入れよう!

ダイエットをする大半の女性が最も細くしたいと考えている体のパーツはお腹(ウエスト)です。

油断するとすぐにぽっこりと膨らんでしまいますし、ベルトの穴が一つ大きくなったりした際のショックはかなりのものがあります。

しかし、細くなりたいと考える女性の数に対して、ダイエットをしたら美しく引き締まったウエストになったという声は圧倒的に少ないです。

案内人 Misako

その理由はお腹(ウエスト)が体の中でも特別に、余分なお肉を落とす事が難しい点にあります。

『顔から痩せる』『胸から痩せてしまう』『下半身だけ細くなる』という人に対し、『お腹から痩せる』という人が少数な事からもそれは実感できます。

ではなぜお腹(ウエスト)のお肉はなかなか落ちないのか、落とすためにはどうすればいいのかをこちらでは解説していきます。

お腹(ウエスト)が細くならないのはなぜ?原因について

美しく引き締まったウエストは多くの女性の憧れですが、闇雲に頑張っても理想のウエストをそうそう手に入るものではありません。

いくら努力をしていても方向性が間違っていては結果がついてきませんし、無茶な頑張りから体に負担をかけて体調を崩してしまうおそれさえあります。

案内人 Misako

ウエストの引き締めに焦点を絞った運動と食事メニュー、基礎代謝を上げて無駄なお肉の付きにくい体質を目指す等の取り組みが必要です。

余分な脂肪がなくなれば当然後に残るのは筋肉になるので、痩せる事を目標としつつきっちり体を鍛える意識が大切になります。

お腹(ウエスト)周りは人体の中心部分で多くの内臓が密集しているため、それらを衝撃から守れるよう脂肪を蓄えやすい性質を持つと考えられています。

そういった理由からお腹(ウエスト)は脂肪の落ちにくい部分なので、正しい知識を学んでからダイエットをスタートした方が効果的です。

食事制限だけでは限界がある

ダイエットと聞いてまず最初に思い浮かぶのが、食事制限という女性も多いのではないでしょうか。

確かに食事のメニューを見直してバランスを意識する事や、炭水化物の摂取量に注意する事は痩せるという目的に対して有効です。

しかし、食事制限だけでピンポイントにお腹(ウエスト)を細く美しくするのは、あまり現実的な方法とは言えません。

元の体型にもよりますが食事だけでダイエットをすると、脂肪が減った事で皮が余りたるんでしまう可能性があります。

細くするという一点だけを考えるならいいですが、美しいお腹(ウエスト)を手に入れるためには食事制限『も』大事と考えましょう。

体質の問題

正しい方法を実践してもお腹(ウエスト)が細くならない、原因が全く分からないという場合は生まれ持った体質の可能性が高いです。

そもそもダイエットは正しく実践すれば必ず結果が出るものなので、方法に誤りがないのに全く効果がない時点で発想を1から変えた方が良くなります。

生まれ持った体質を自分で調べる事は難しいですが、痩身エステに行けば調べてくれるところも少なくありません。

一般的に効果が高いと言われているダイエット法も、体質に合わなければ効果は半減してしまいます。

自分の体質に合った方法を調べてもらい実践してみたら、驚くほど短期間でお腹(ウエスト)が引き締まったというケースは多いです。

お腹(ウエスト)を細くする効果的なトレーニング

お腹(ウエスト)を細く引き締めるには腹筋が効果的と考えられていたのは、一昔前の話なので先入観は捨てましょう。

もちろん腹筋が全く効果がないわけではありませんが、やり方が間違っていると逆にお腹(ウエスト)を痛めてしまいかねません。

ジムに通って専門家の指導を受けるならいいですが、自宅でトレーニングをしたいならフォームの間違いには注意をしましょう。

案内人 Misako

自宅でのトレーニングは誰も見ていないので、自己流の楽なスタイルで行ったり、いくらでもサボれてしまう欠点を持ちます。

どんなに効果的なトレーニングでも1日2日で劇的に変わる事はないので、きつくても継続して正しい形で頑張る意思の強さの方が大事です。

また『座っている際猫背にならない』『背筋を伸ばして歩く』など、日常から姿勢に注意し腹筋を緊張させておくようにすると効果的です。

無酸素運動と有酸素運動のバランスに気を付ける

一般的に無酸素運動は短距離走のように短い時間で、体にきつめの負荷をかけて筋肉を鍛える運動と定義されています。

一方で有酸素運動はウォーキングのように負荷がゆるい反面、長い時間動き続ける事により脂肪を燃焼させる運動です。

ダイエットには有酸素運動の方が適しているとされていますが、お腹(ウエスト)を細くするためには両方を実践する事こそが有効となっています。

まずは無酸素運動で筋肉を鍛えて基礎代謝を上げて、それから有酸素運動も並行していく事でより多くの脂肪が効率良く燃焼されます。

ちなみに腹筋は無酸素運動になるので筋肉を付ける事はできても、それだけで脂肪を燃焼させるには向いていません。

トレーニングをするベストなタイミング

日常の姿勢には常に注意をするとして、トレーニングを行うにもベストなタイミングというものがあります。

起きてから朝食を食べる前までの時間帯は胃が空っぽのため、トレーニングの際に脂肪がエネルギーとして燃焼されやすい状態になっています。

長時間のトレーニングは難しいという場合でも、10~20分程の室内トレーニングで十分に効果を発揮します。

早起きして時間があるときは30分~1時間ほどのウォーキングをすると、体が活性化されて代謝の向上にも繋がり効果が高いです。

しかし朝は体から水分が減っている状態でもあるので、トレーニングの種類に関係なくしっかり水分補給をしてから実践しましょう。

お腹(ウエスト)を細くするマッサージやストレッチなど

お腹(ウエスト)にフォーカスして鍛えるストレッチや痩身エステのマッサージは、正しいやり方で実践すれば間違いなく有効です。

そのためには今現在自分のお腹(ウエスト)に、どれだけ余分なお肉が付いてしまっているのかを、まずは確認していきましょう。

案内人 Misako

指をお腹(ウエスト)にあてて、少し力を入れて押し込むと脂肪がどの辺りにまであるのかが分かります。

メジャーがあれば実際のウエストサイズを測る事ができるので、数値化して分かりやすい目標を決めておく事も効果的です。

脂肪を1mmも残さずに燃焼させるわけではないので、どこまで細くしたいかの目標が見えたら、逆算してマッサージやストレッチを実践していきます。

自分で頑張れるストレッチと痩身エステで受けるマッサージは、それぞれにメリットを持っています。

無酸素運動と有酸素運動の効果的なストレッチ

レッグレイズ(無酸素運動)
横になり脚を垂直になるまで上げてから下げる動作を繰り返し行う事により、腹筋下部が鍛えられます。

1セットを20回ほどとして、休憩を挟みながら毎日2~3セットは行うようにしましょう。

伸ばした脚を下す際は、床に触れてはいけません。

ウォーキングorジョギング(有酸素運動)
背筋を伸ばして真っすぐに立った気をつけの状態を維持して進む事により、腹筋と背筋が同時に鍛えらます。

歩幅は広く保ちつつ、普段よりも少し早歩きぐらいのペースで進むように意識しましょう。

呼吸は吸うよりも吐く時間を長くとると、より高く有酸素運動としての効果に期待できます。

痩身エステでのマッサージ

痩身エステでは体内の脂肪をマシンや人の手で揉みほぐしてから、マッサージにより外部へと排出します。

最大のメリットはキレイにお腹(ウエスト)を細くできる事にあり、自分では対処の難しい頑固なセルライトも解消してくれます。

ダイエットによるストレスに悩まされる心配がなく、リバウンド対策などもカウンセラーが相談にのってくれます。

しかし一言でマッサージと言っても、痩身エステによって施術方法や使用するマシンは異なります。

お腹(ウエスト)を細くする事が目的なので、利用する際はきちんと希望に合った痩身エステを見つけてからにした方がいいでしょう。

お腹(ウエスト)を細くするなら痩身エステがオススメ!

お腹(ウエスト)を細くするためのダイエットで障害となるのは、自分自身に対する甘えと油断です。

頑張っているつもりでも不足していたり、正しい方法でダイエットしているつもりでいても、知っている情報が古い事は珍しくありません。

それに一人でストイックに努力を続けていると、ストレスが溜まり体調を崩したり、気が付いたら暴飲暴食に走ってしまう可能性もあります。

案内人 Misako

そういった悲劇を避けるために必要なのは、ダイエットに関する正しい知識を持った第三者の存在です。

痩身エステはマッサージなどの施術を受ける以外にも、カウンセラーが食事内容や家でもできる運動メニューの相談にのってくれます。

1回1,000円程度で効果を体験できる痩身エステも多いので、一度試してみると何が自分のお腹(ウエスト)に必要なのか実感できます。